読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井川遙

昨日、フレンドパークで井川遙を初めて見た。

なかなか落ち着きのある頭のよさそうな子だった。

まるでくノ一のようだなと思った

もし、彼女に指圧をしたとするなら、

私:今日はどこか具合の悪いところがありますか。

井川:ええ、ちょっとおなかのあたりが。

私:じゃ、ちょっと押してみましょう。

井川:お願いします。

私:う~ん。胃がは、ちょとはるかな。

お粗末、おじさんの妄想でした。